December 19, 2011

December 7, 2011

For Girls



etniesはgirls skaterもサポートしております!今回はおすすめ商品をご紹介!!サイズ展開も豊富です。
エトニーズといえばサル23。足の負担を軽減させる新型カップソールは、ガールズスケーターの足下を優しくサポート!もちろんタウンユースにもおすすめです。
SAL 23 / 23cm~¥11550(税込み)

エトニーズの名作RAPの現代風アップデート作品のRVLとRVMはライダーもおすすめアイテムです!左から☆RVL / ¥9975(税込み) 23cm~  ☆ RVM / ¥11550(税込み)23cm~


大人気スーパースケーターSEAN MALTOのシグネィチャー第2弾!スーパーハイテクインソールDTTF PRO 2を搭載。マジで調子良し!
☆ MALTO 2 / ¥11550(税込み)23cm~

大人気Thrasherコラボもレディースサイズ有ります!
左から☆LUCA Thrasher / ¥11550(税込み)23cm~
☆MALTO LS / ¥9240(税込み)23.5cm~


シンプルな見た目ですがこちらもハイテクインソールを搭載!
左から☆BARGE LS / ¥8925(税込み)23cm~ ☆FAIRFAX / ¥8925(税込み)23cm~


そしてこちらはetniesのブラジルライダーEliana SoscoのDay in the Life。カワイイ&うまいです!Thank you skateboard.

December 2, 2011

明日のパーリー 『SUPER X』


パーリー続きな今週ですが、締めくくりは渋谷SECO barにて開催される『SUPER X』。
多くの人に余韻を残した先日のDOMMUNEでの放送をはじめ、
『RIDE MUSIC』のリリースや、その他様々な活動をする音楽家集団、HOLE AND HOLLAND Recordingsの主催する看板パーティー。
多くのスケーターが参加し、こちらも見逃せない一夜。激盛り上がりが予想される。






2011/12/03(SAT)
渋谷@SECOBAR
Door2500yen W/F2000yen
OPEN 22:00

DJ
ALTZ (ALTZMUSICA)
MASA aka Conomark (GRASSROOTS)
SHUI (BONOBO)
Kujitakuya aka kpk (Hole and Holland)
MAMAZU (Hole and Holland)
YO.AN

LIVE
FUSHIMING(CHELOOK)

LIVE PAINT
ARUTO WATANABE

DECO
COLORGUNG
雪月花

VJ
Digital Chakra(AKASHIC.GENOME)

FOOD
天狗食堂


お問い合わせ:HOLE AND HOLLAND



今夜のパーリー その2 『杯ナイツ』

そして大阪で開催されるこちらのパーティー(飲み会?)は、全国からスケーター(輩)が集結し、
杯を交わすその名も「杯ナイツ」。
フライヤーもふざけていていい感じ。激盛り上がりが予想される。
今夜は街に繰り出し皆で杯を交わしましょう!

Tightbooth Production Presents

「杯ナイツ」

Evisen Skateboard&ER Magazine vol.7Reception Party

2011.12.02 (金) at Panorama

Open 20:00

DOOR : 1500(w/1d)

Special Guest Skater
Minami Katsumi(Evisen)
Shintaro Maruyama(Evisen)
Akira Imamura(Evisen)

Dj's :
DJ old shella a.k.a NAGAN SERVER
DJ TOKEN
Venix
Shinpei&DJ UME Zoo

LIVE:
INDONESIA

Camera :
Shinsaku Arakawa

お問い合わせ:TBPR

今夜のパーリー その1 『Arukuna』


今夜は東京と大阪の2カ所でスケーターの主催する盛大なパーティーが開催されます。

まずは東京編↓

TAZ-tokyo×INSTANT presents
『Arukuna』
12.2(Fri)吉祥寺
@STAR PINE'S CAFE
open11:30 / close5:00
¥2500+1drink

DJ
Kujitakuya aka KPK(Hole and Holland Recordings)
TOMY-NY(N.T.Original)
EIGHT(LIGHTHILL,ICEDYNASTY)
MIKLAS(SAIRU)

BAND
VIBRA COMPANY

LIVE
LIGHTHILL

Art Exhibition
RiO

SKATEBOARD MOVIE
LIGHT HILL FILM
arukuna_tv (SITAMATI Ver.)


お問い合わせ:TAZinstant

November 29, 2011

TRES TRILL

久々のパレスニュースです。
怪しげな雰囲気でかっこいいロンドンのハイセンスカンパニー palace skateboardsより最新映像 "TRES TRILL" が登場。かなりクールな編集でストリート全快。マッチョイズムをまったく感じさせません。相変わらずセンスの良いブランドですね。

注:マッチョイズムとは簡単に言えば体育会系。

TRES TRILL from PALACE on Vimeo.

そして同じくフランスのカンパニーmagentaもニュークリップで全く同じスポットを攻めてます。こちらもストリート全快で、マッチョイズムをまったく感じさせない良いカンパニー。Soy Pandayは最近よくetnies履いてますね。



Magenta in the Battle of Normandy 2011 from Magenta Skateboards on Vimeo.

November 28, 2011

FESN.TV × HOLE AND HOLLAND Recordings presents "スケボークラブ"

さあ事件です!日本最大の音楽USTREAM "DOMMUNE"にておこなわれる、FESN.TV × HOLE AND HOLLAND Recordings presents "スケボークラブ"という番組が今夜生放送されます。ゲスト陣は、スケート歴40年、生きる伝説 デビルマンこと 西岡昌典氏。そしてこちらも生きるスケボー資料室 石原繁氏。FESNの森田巨匠をはじめ、NT.originalの吉田徹氏、secretcut編集長中村ゆきちゃん、boardkillの変臭長小関さ ん、VHSmagの編集長アメさん、Evisenの南というスケート界の異色メンツ。生きる都市伝説、デビル西岡氏の話 は多いに興味が有ります。当日はどうなってしまうんでしょうか?マジで誰にもわかりません。とりあえずDOMMUNEは生放送、一回しかこの事件を目撃で きません。必見です!
11月28日(月)19:00は、Ustreamの「DOMMUNE」にチェックイ~~ン!

http://www.dommune.com/

第1部 19:00-21:00
TALK LIVE - "スケボークラブ"
出演:西岡"DEVIL"昌典、石原繁、森田貴宏(FESN)、中村晋久(secretcut)、小関聡(boardkill)、梶谷雅史(VHSmag)
吉田徹(NT.original)、南勝己(Evisen)、YO.AN、MAMAZU、 FUSHIMING etc....
LIVE:DJ DUCT、OPSB

第2部 21:00-24:00
BROADJ - "SUPER X"
DJ:FUSHIMING、KUJITAKUYA

"スケボークラブ"の詳しい詳細は FESN.TV TEST 10 にて森田氏がコメントしておりますのでチェックしてください。




November 9, 2011

LANCASTER & Kenji Nakahira

今日はエトニーズの隠れた名作LANCASTER(ランキャスター)を紹介します!

ド渋なカラーリングとレザー使いが絶妙の一言。はっきり言ってカッコいい!おまけにスケートも調子良し!軽量ながらゲル無しでもしっかりとしたクッション性を兼ね備えるSTI FOAMTM Pro1も相まって、素晴らしいフィット感を生んでいます。 ソールは、最近のETNIESで多くのモデルが採用するワッフル系を採用。
フレキシブルなことはもちろん、デッキテープはもちろん、プラスチック製やアルミ製を問わず、どんなペダルにもフィットするのでBMXライダーにもおすすめです!

BLUE/GREY/WHITE
¥10,500-


RED/BROWN
¥10,500-


BLACK/BLUE/WHITE
¥10,500-


からの!先日SLAPのニューヨーク特集でエトニーズライダー中平 健児が大暴れ!何とニューヨークの地下鉄内でスケボーしちゃってます!健児もお気に入りのLANCASTERのRED/BROWNを着用!
クールなクリップです!

November 8, 2011

etnies japan BMX team × REAL TOUGH NESS

今週末第2回目となるG - shockプレゼンツREAL TOUGH NESS。エトニーズからはBMXライダー達が参戦!


松本謙 AKA マツケン
福岡の星。etnies japan teamに加入後すぐにエースの座に
もはや誰もあなたにかないません。 天才系脱力キャラ。


村田怜人
最近ではナイトレイドのDVD A.N.T.I.にて度肝を抜くスタイルでBMXパートのトリを務めた。
夏に行われたエトニーズBMXジャパンチームツアーの怜人ラストトリックは25段のキンクレールだった。

眞謝 大輔
エトニーズのライダーとして働くかたわら、エトニーズの倉庫でも働いているリアル身内系。最近倉庫内のフィリピン人のおばちゃん達とすごく仲良くなっている。かなりの実力派。

伊藤 悠吾

エトニーズ チームのライダー兼チームマネージャーもこなす。敏腕実力者。
スケートボードの実力もかなりのもので360flipやダブルフリップなども出来る、実はスケーターなのかもしれない。最近はサバイバルゲームもこなす。




October 24, 2011

Katsumi has a baby.

October 20, 2011

「INTERACTION」



Etnies Japan team summer tour 2011 "INTERACTION" DVD trailer. from TeamZEN on Vimeo.

Riders: Daisuke Maja, Ken Matsumoto, Rehito Murata, Yugo Ito
Filming: Katsumi Minami, Tomotaka Yoshitani
Editing: Katsumi Minami
Photography: Yuta Yoshida
Music: YO.AN

お問い合わせ:Z.E.NSENN project


October 19, 2011

ESOW x Toshikazu Nozaka 二人展 ”楽描新世界”


”楽描新世界”



”楽描新世界”
11月3日(木)〜11月13日(日)
@武蔵野画廊

『二人の絵画』

ESOWと稔和。
二人の絵画の底に脈々と流れるのは幼少期からの米国への憧れを乗り越え、とっくの昔に亜細亜。
自分たちが何処の誰かを知り。だからこそ、この地からデジタルでグローバル化された
明らかに違和感のある世界に対し感じている真意のようなものを描く。

稔和が描く
河の流れが一つ所にないように、たえず変化する流体。
そして河が流れ着く果ての海。人の住む海岸に波打つ大きく優しい輪郭のハッキリとしたうねり。
中から大きく存在を主張する目玉。見えている人には見えている。問題は心の扉の開け具合。

ESOWが描く
一見すると人々が蔑んだり社会の底辺に追いやってしまい
できることなら住む家はもちろん視界には入れたくない。
それは安定した社会を私たちが形成したいが為に追いやった人たち。
それなりに一生懸命だが常に残念な存在。

これらを観たり触れる。
何も感じない人はそれはそれで幸せで、
根底に流れる反社会的な部分に触れてしまった人たちは、
壊れかけている世界に必要なものを再び見いだすことができる。

TEXT: イシハラ シゲル


武蔵野画廊
〒184-0004 東京都小金井市本町6−1−15
open 13:00〜21:00
tel: 042-383-1634


October 17, 2011

October 13, 2011

Shinpei Ueno on Evisen

October 7, 2011

Will Bankhead ~ インタビュー ~

Mo' Waxにてメイン・ヴィジュアル・ディレクターとしてそのキャリアをスタートさせたpalace skateboardsのメインデザインを担当するWill Bankheadのインタビューがダンスミュージックサイト "RA"(日本版)に紹介されました。全てコピペですが、パレスの独特なグラフィックに興味が有る方は是非ご覧下さい。

そして本日、M Event Space & Bar にて "RA"主催Will Bankheadを含むのアーティスト達のショーが開催される様です。
Date: 10月7日(金)-15日(土)
Time:
日〜木 18:00 - 02:00
金・土 18:00 - 04:00

※10 月7日(金)20:00 – 0:00 レセプションパーティー


Honest Jon's、Mo Waxでの印象的なスリーヴ・アートを手掛けるデザイナーWill Bankheadがそのキャリアを振り返る。

多くのデザイナーが世に出るときには、大抵の場合すでに長年の修練によってそれぞれに固有の特徴的な スタイルが出来上がっているものだが、Will Bankheadに関して言えばそれはあてはまらないようだ。Willはむしろ、そのキャリアの中でしばしば自らのアプローチを再考し柔軟に変化させてき た。Mo' Waxにおけるメイン・ヴィジュアル・ディレクターとしてそのキャリアをスタートさせた彼はBen Drury、Swifty、そしてかのFutura 2000らと働きながら90年代中盤のダンスミュージックにおける最も印象深いレコード・アートワークを数多く手掛けてきたのだ。所謂「トリップ・ホッ プ」の代表格レーベルとして知られたMo' Waxのアートワークを振り返ってみると、Willが手掛けた彼の初期デザインワークのほとんどはTransworld SkateboardingやThrasherといったスケートボード・マガジンのそれから多大なインスピレーションを受けていることが分かるはずだ。

Mo' Waxでの仕事を経て、現在の彼はHonest Jon'sで数多くのデザインを手掛けている。それが異国の音楽をまとめたアーカイヴであろうと、最先鋭のエクスペリメンタル・ミュージックであろうと彼 のシンプルでクリーンなデザイン・ワークは冴え渡り、それらは過去にMo' Waxで手掛けた密度の高いデザインと比較したときにまさしく好対照な対比を見せる。その証拠に、Honest Jon'sからリリースされたシャンガーン・エレクトロのコンピやShackletonのジャケットを見てみるといい。彼の手掛けるデザインは今やUKの ベースミュージック・コミュニティからも受け入れられ賞賛されているのだ。Joy OrbisonのレーベルDoldrumsからリリースされるレコードはBankheadのアートワークを纏っているし、Hessle Audioのコンピレーション『116 & Rising』も同様だ。さらに、Bankheadは自身のblog、レーベル、そして自身の作品を販売するストアを統合したサイトTrilogy Tapesを運営し、多岐の分野に広がる彼の興味対象がひとつのまとまったパッケージとして提示されているのだ。ローマでのRA Xパーティーのためのポスター作成を彼に依頼するにあたり、RA Xのポスターはもちろん彼の過去の作品群についても話を聞いた。


「Torsten(Pröfrock)がHonest Jon'sからレコードを出すとき、そのジャケットを僕が手掛けることが出来て嬉しかった。僕は彼がTraktorって名義でリリースしている頃からの ファンだったし、彼のレコードをFat Catで初めて見つけたときは『ベルリンにはこんなサウンドを作るヤツがいるのか!』って感じでめちゃくちゃ興味をそそられたもの。サウンドは狂っていた し、すごく抽象的なグラフィックだったしね。Traktorのレコードに関してはほんと中毒みたいになって、レコードショップで『このレコードは一体な に?すごいよね』なんて言ってたもんさ。つまるところ、僕のデザイナーとしてのゴールもそこなんだ。つまり、僕が本当に好きなデザインは、それがデザイン という意図のもとに作られていないものなんだよ。先週もいくつかスリーヴの仕事をやったけど、正直なところあんまり気に入ってないんだ。まだまだ「デザイ ンされてる」って感じだからね。でも、例えばActressみたいなアーティストは幾何学的なかたちにハマっているらしく、僕のデザインにもそうした要素 を提案してくるからおもしろいけどね」
「僕の初仕事はGlobal Communicationのスリーヴデザインだった。でも、その頃いちばん多くの作品を作ったのはやっぱりMo' Waxだったよね。James Lavelleって人はほんと狂ってて、すべてをオモチャ的な何かに転化させたがるところがあった。Mo' Waxで最初に僕一人で手掛けたのはSam Severの「What's That Sound?」ってレコード。ちょっとピンボケ気味のポータブル・ターンテーブルの写真が使われててね。そのポータブル・ターンテーブルは僕の持ち物だっ たんだけど、実は今でも持ってるんだ。当時はコンピューターなんかなかったから、現像用の暗室の中でひたすら作業してた。写真引き伸ばし機を使ってグラ フィックを作るのにハマってて、アセテートで文字を作っては引き伸ばし機に貼付けたり、紙の上でいじりまくったりしたもんさ。Mo' Wax時代はとにかくずっと忙しかったね」
「僕が運営してるTrilogy Tapesはblogとショップが一緒になったものなんだ。ミシガンのノイズ・ミュージック・シーンで活躍したHansonのようなレーベルにインスパイ アされてね。僕はあらゆる種類の音楽マニアでもあるから、あくまでもノイズはその広い好みの一部でしかないけどね。次にリリースするのはKassem Mosseのテープさ。わざわざテープというフォーマットでリリースするのも、単純に愉しみのためさ(笑)。音楽への愛があるからこそなせる業だね。他に もいくつかリリースを控えてるものもあって、Dro Careyのヴァイナルもそのひとつ。Dro Careyは僕がシカゴのジュークやフットワークのヴィデオをYouTubeで探していたときに出会って、他のどのDJにも似てないトラックだったからす ごく惹き付けられたんだ。で、他にどんなトラックを作っているのか聴いてみたくなったから、彼にコンタクトをとってみたってわけさ」




「Joy Orbisonに初めて会った時のことは憶えてるよ。BerghainでのHonest Jon'sのパーティーだった。彼が『えっ、あのTrilogy Tapesをやってるのはあなたなの?』って話しかけてきて『キミこそどうしてそれを知ってるの?』って言ったら、『Trilogy Tapesはホント好きで、あなたさえよければ僕のレーベルのアートワークもやってくれるといいな』って感じになってね。たしかHessle Audioの連中もJoy Orbisonを通じて知り合ったんじゃないかな。BenのDJはめちゃめちゃ狂ってるし、めちゃめちゃ良いよ。彼らのためのデザインを考えるのは僕に とってもなかなかの苦労だったよ。彼らが好きな要素と、僕のアイデアのなかにある要素の間でうまく折り合いを付けなきゃいけなかったからね。彼らが僕に仕 事を依頼してきてくれたことは本当に嬉しいよ。若い世代が僕のやってることに興味を持ってくれてる、ってことでもあるわけだしね。でも、彼らがBPMって もんをどんな風に捉えてるのかはちょっと理解しかねるところがあるな。あまりにも狭いBPMの範囲にこだわりすぎてるんじゃないかなと思うんだ。単純に僕 が年寄りになったってことかな(笑)。でも、昔はもうちょっとみんな自由にやってた気がするんだけどな」

September 30, 2011

September 21, 2011

Aimless Behind the Scenes with Mike Manzoori

前回このブログのココで書いたのですが少し前にLAに行ってきました。2つの最前線という下りで終了したのですが、今回はその続きです。
そうです。僕個人的な意見から言わせてもらうとここLAが一番のスケートボードバトルの最前線といえるでしょう。多くのスケートカンパニーやスケートボードドリームを夢見て世界中からスケーターが数知れず訪れる聖地、LA。その中でも激戦区に指定されているダウンタウンLAにはあのBerricsも有ります。
そんな僕もスケートボー道を極めるため、スケートボー度を向上させたい思いで激戦区に住む巨匠mike manzoori先輩ノ家に合宿させていただきました。

↑ 激ムズBW RAMP

blindのvideodaysにてGONZがラインをやってるスポット。mike自身もLAに来た時、初めてこのスポットを見て感動したと言ってた伝説的なスポット。(mikeはイギリス人)
先日SILAS BAXTER NEILがFR wallrideで手前のポール超えをメイクしたらしい。
どんだけやねん!!

↑ここは最近マイクのお気に入りスポット。ダウンヒルに低〜い階段縁石が面白いスポットなのだが、ダウンヒルが急過ぎてスピード出まくり。デンジャースポットです。

↑guy marianoがレールオーバーのFLIPをしているスポット。はっきり言ってこんなの誰がやるの?って本気で思いました。写真では伝わりづらいのですが、オーリーをしてからのアプローチなのでかなりクイックなスポット。マジでguy marianoリスペクト。しかしLAのスケートスポットは確実に破壊されていたのが印象的だった。


↑日本の巨匠からアメリカの巨匠へ任務も遂行。やはりスケートボードは無限大


↑I love Sneaky (巨大犬)

滞在中もテリーケネディー主演のドラマがやってたり。90年代とは変わって来ているスケートシーン。現在間違いなく巨大なビジネスを生んでいて、プロスケーター達はスケートキッズ達に大きな夢を与えている。最前線を肌で感じまくったLA滞在。最高に刺激的だった。
重ねてThank you so much mike. いつもありがとうございます。
最後に、mikeの作品Aimlessの舞台裏が公開されました。マジで普通の撮影じゃありません。
注:本編のAimlessをcheckしてから見るのをオススメします。


Already Been Done & etnies Present: Aimless Behind the Scenes from Already Been Done on Vimeo.

September 14, 2011

September 7, 2011

LAPOVER ~issue 001~

KUKUNOCHI corpよりなんとskate magが発売!!
その名もLAPOVER(ラップオーバー)
気になる内容は

SHINPEI UENO INTERVIEW
AKIRA TAKATA BLACK AND WHITE PHOTOS
SOY PANDAY ART AND INTERVIEW
その他グラビアをメインに良い写真が満載!


LAPOVER issue001 ¥300-
お問合せ:KUKUNOCHI corp

September 1, 2011

palace NEW BOARDS 6 / 6





Cairo Foster Rolls With etnies!


enjoi、RVCAなどで活躍するカイロ・フォスターがetniesに加入しました。
Realの名作ビデオ、Real to Reelでのスタイリッシュかつ攻撃的なパートは10年後の今見ても衝撃のパートです。
現在は新入荷した"Barci"のblack/gumを好んで履いているようです。
カイロの加入を記念して、
期間限定でetniesのサイトがenjoiカラーになっています

August 29, 2011

高島 圭四郎 & 東京大衆歌謡楽団


最近メキメキと露出をしているetnies japan teamのflow rider高島圭四郎とその兄弟を探る新コーナー。この兄弟、よくある兄弟スケーターとは少しちがうスタイリッシュな人生を歩んでいる。

高島 圭四郎

生れた日 / 1989年11月28日
スポンサー / MxMXxM . ETNIES(FLOW) . Chaos Fishing Club
好きな芸能人 / もたいまさこ
好きな映画 / かもめ食堂
好きなマンガ / サバイバル
好きなミュージシャン / CRASS

(mxmxmよりプロフィール抜粋)


彼らと初めて出会ったのは10年位前の池袋。「東京に引っ越して来た」という3人兄弟のスケーターが池袋のサンシャイン公園に滑りにきた。独特でシュールなテンションの2人の兄貴達の後ろにいつも着いて来ていたのが、当時小学5年生だった圭四郎。かなりシャイな少年だったのを憶えてる。スケートの方も恥ずかしがって人前ではまったく滑らなかった印象だった。
そんなあるとき2人の兄貴達が「こいつ指スケが、めちゃくちゃヤバいんですよ!」って興奮ぎみに言ってきた。見ると驚き!激ウマのレベルを余裕で超える、超絶なうまさ。現在もストリートスポットをチェックしながら指スポットもシークしてしまうスケーターへと成長。

そんな2人の兄貴達は現在、東京大衆歌謡楽団という名前で巣鴨や浅草を中心に引き語りをしているのだが、ご婦人方を中心にその人気がハンパじゃない。中には泣き出すフアンもいるそうだ。
兄弟たちの共通点は道ばた(ストリート)である。このご時世このスタイルで攻めている兄弟達はどこまで進化するのか。期待が膨らみます。





髙島孝太郎  唄         昭和五十八年 八月 十五日
髙島雄次郎  アコーデオン  昭和六十年 四月 二九日生
髙鳥玲     ウッドベース   昭和五十四年 一月 四日生
高島 圭四郎  スケボー  平成元年 一一月 二八日